浮桟橋 UNIT-Xとは

UNIT-Xはプラスティックのリサイクル材で出来ており、箱型ユニットの連結式で形状や広さが自由自在です。

乗って体感・使って実感できる、安定感抜群の浮桟橋です。

 

 

浮桟橋 UNIT-Xの特徴

 

■ 他にはない素材を使用 ■ バツグンの安定感

リサイクルポリプロピレン(PP)を使用することで、従来
よりもはるかに下回る価格に抑えることが出来ました。

1基あたりの浮力は約600kgあり、連結させることで、安定感が増大します。固定桟橋と同様の乗り心地を提供できます。水面からの高さは20cmでリガー(Aタイプ)の高さに対応しています。 
■ 優れた耐久性 ■ むき出しの金具の使用を抑えた安全設計
経年変化しにくいため半永久的に使用することが可能です。 表面には金具類が出ない設計です。選手の怪我、艇の傷を考え採用しました。防舷材をオプションで付けております。
※特許4143701号  

 

 

 

製品仕様

H300タイプ:2,000 x 2,000 x 300 重量420kg 沈み100〜150mm 
H600タイプ:2,000 x 2,000 x 600 重量600kg 沈み200mm
■ 設置例  
   

護岸に沿って連結した桟橋を平行に設置しています。

幅の狭い河川ではこの連結が有効です。 

堤防の切れ目に渡り橋を掛け、水面上での分岐を可能とします。桟橋の数が多くなるにつれて抜群の安定感を実現します。

   
護岸に対して垂直に連結しています。一番オーソドックスな連結です。コースの側に入り江があると有効です。